福岡で正社員の転職をするときのコツ

九州は現地採用多し

福岡はたいていの企業では仕事上九州の要になりますので、九州内の他の都市に比べると採用は多いです。地方では大阪に次いで中途採用は多いでしょう。 
中小企業の場合、東京で採用した人材を福岡に転勤させるよりも、現地で採用したほうがコストも下がるため、福岡在住の方を現地採用するという企業が多いです。また、九州在住の方は土地勘もありますし、九州ならではの商習慣や風習があるため、他都市から転勤させるよりも地場のことをよく知っている人を採用しようという傾向があります。
また、大手企業の場合であれば福岡支社で勤務という形をとることが多いですが、中小企業の場合、福岡に支社も支店もないことが多いです。その場合は自宅をホームオフィスとして仕事ができる人を採用します。そういったケースの場合、オフィスとして使用する面積分の家賃補助が出ることが多いです。

福岡本社の仕事を探そう!

福岡本社の企業であれば福岡での転職確率は高くなります。実名は上げませんが、福岡に本社を持つ有名企業というのは結構あります。本社が福岡にあるということは福岡での社員数も多いということなので採用される確率は高くなります。

転勤なしの企業を選ぼう!

福岡で働きたいあなたは、まず転勤のない企業を選ぶことも大切です。一定以上の大手企業になると転勤はあたりまえのようにあります。初めに転勤がないかどうかを確認しておきましょう。また、福岡に拠点を持つ中小企業や、中小でなくても他の場所に支店がない企業であれば転勤の確率は減り、福岡で正社員として働き続けることが出来るでしょう。

時間をかけて待つことも作戦のひとつ!

基本的に地方での採用は誰かが辞めないと中途採用の募集はかかりません。なので、我慢できる限りは今の会社で辛抱し、いい案件が出てくるまで待つのもひとつの作戦です。地方は特に人と人とのつながりが強いので、じっくりと時間をかけてでも知人からの紹介を狙うのも良いでしょう。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、pjが2016年7月12日 16:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「女性が正社員として転職するときに必要なこと」です。

次のブログ記事は「事務へ転職するときに有利な資格とは?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。