事務へ転職するときに有利な資格とは?

資格があれば有利ではありますが、残念ながら資格を持っていればすぐに転職できるというわけではありません。弁護士や看護師さんの資格を持っていれば即戦力として働けるのですが、そういうかたは転職であまり悩まないでしょうね。
どんな仕事が事務方で有利なのか考えてみましょう。

経理として働く場合

簿記の資格を持っていると有利です。会社、特に経理担当の場合は必ず帳簿がついて回るものですから、簿記の資格を持っていれば武器になるでしょう。簿記は日商簿記、全商簿記、全経簿記などの種類がありますが、一般的に取りやすいのは日商簿記です。日商簿記には1級から4級までありますが、当然1級を持っていれば申し分ないのですが、2級から3級あたりを取得しておきたいものです。

一般事務として働く場合

やはりエクセル、ワード、パワーポイントなどのパソコンスキルを磨いておくのが良いでしょう。資格としてはMOS(microsoft office specialist)になります。その上がMOSマスターになります。これを持っていなくてもエクセルが得意な人はいくらでもいますし、タイピングの早い人もいくらでもいます。しかし、履歴書を通過させるためには資格があった方が転職先としても安心材料の一つになるでしょう。

秘書検定は役に立つ?

秘書検定というとなんだか役に立ちそうですが、それほど評価は高くないようです。3級程度ではお話にならず、面接試験のある準1級以上だと評価が高まるようです。

やっぱりTOEIC!

英語を使う仕事であればやはりTOEICの点数がある程度は必要になります。しかし、完全な国内企業の場合ですとほとんど英語を使うことがなく、それほど評価の対象にはならないでしょう。もちろん点数が高いに越したことはありません。

資格よりも実力!

身もふたもない結論ですが、結局は資格よりも実力です。MOSを持っていなくても会社で「エクセルマスター」と呼ばれる人はたくさんいますし、TOEICを受けたことがないというネイティブレベルの英語を喋る人もいくらでもいます。
結局は実務の出来るひとがものをいうのです。転職前にまず、今の仕事で実務経験を積んでおきましょう。仕事において無駄な仕事はない、と私は考えています。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、pjが2016年7月12日 16:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「福岡で正社員の転職をするときのコツ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。